オススメの注目キーワード
  1. 不動車
  2. 就職
  3. ペット
  4. 英語
  5. ダイエット

【軽自動車をより高く売却する方法】軽自動車は日本だけの規格!売却先のおすすめな情報

日本での軽自動車の流通量は、普通車を上回っているということはご存知でしたか?
軽自動車は、それだけ日本で需要があるということを示しています。

軽自動車をより高く売却する方法

なので、ここ数年の軽自動車の売却する相場が上がっており、中古の軽自動車であっても高額で売却されることも多いのが実情。

・軽自動車を売却する際により高く売却する方法はあるのか。
・売却先が色々ある中でどこの業者が一体おすすめなのか。

このページでは、こんな悩みにお答えしたいと思います。

軽自動車の10年落ちや15年落ちなど古い軽自動車は売却できるのか?

軽自動車をより高く売却する方法

長年乗ってなかった古い軽自動車を廃車にしようとしている方は、ちょっと待ってください。

たとえ、しっかりと動かないようなボロボロな軽自動車であっても価値がわかる業者に売却するでけで、買い取ってくれるケースがあります。

実は、軽自動車は日本にしかない規格のため、海外で輸出されて流通することはありません。

つまり日本国内で修理されたり、バラされたりして部品などが再利用・循環しているということなのです。

ですから、軽自動車がどんな状態であっても、売却できる業者が存在しています。
なので、軽自動車を廃車にするのはもったいないことなのです。


軽自動車を高く売却する際に必要な書類とは

軽自動車をより高く売却する方法

軽自動車を売るときは、少しでも高く売却したい。誰だってそう思いますよね。

高値で売却できれば、次の車を買う時の資金の足しにもなります。
なので、少しでも高い金額を目指すことが何よりも大切です。

軽自動車は、車の税金が安く小回りも利くので、初心者の方や女性の方でも運転しやすく、その分需要があります。

少しでも高く売却できる方法を目指しましょう。

軽自動車を高く売却するために、まずは必要書類が必要になります。その必要書類は下記の5項目です。
まずは手元に5項目が揃っているかどうかチェックしてみてください。

⇒どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト

1.車検証

車検証は車を売却する際には必要不可欠です。
車検証がないと売却の手前である査定を受けることがそもそもできません。

軽自動車に売却する場合は、まず軽自動車の査定をしてもらい、査定額に満足できて初めて車の売却を依頼することになります。

2.リサイクル券

軽自動車を売却するためにはリサイクル券も必要です。
リサイクル券は何かというと、リサイクル料が納められていることを証明した書類のこと。

3.軽自動車税納税証明書

納税の証明している軽自動車税納税証明書が必要になってきます。
紛失した場合は再発行の必要があり、売却する買取店に依頼をすることが可能です。

4.自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も、軽自動車を売却するときに絶対に必要なものになります。

5.住民票と印鑑証明書

軽自動車を売るためには、住民票や印鑑証明が必要になります。
これはどちらもコピーで問題ありません。

軽自動車の人気ランキングと大体の相場

軽自動車をより高く売却する方法

軽自動車の買取人気ランキング

No車種買取額(相場の目安)
1スズキ ワゴンR48万円〜90万円
2ダイハツ ムーヴ53万円〜99万円
3ダイハツ タント60万円〜119万円
4ホンダ ライフ29万円〜43万円
5スズキ ラパン47万円〜78万円
6日産 モコ41万円〜60万円

軽自動車の一覧

【トヨタの軽自動車】
・ピクシス エポック
・ピクシス ジョイ
・ピクシス スペース
・ピクシス トラック
・ピクシス バン
・ピクシス メガ
【日産の軽自動車】
・NV100クリッパー リオ
・オッティ
・キックス
・デイズ   46.4万円(3年落ち)/23.1万円(5年落ち)
・モコ   53万円(3年落ち)/36.9万円(5年落ち)/ 4.2万円(10年落ち)
・デイズルークス   60.2万円(3年落ち)
・ルークス
【ホンダの軽自動車】
・N-BOX   76.4万円(3年落ち)/61万円(5年落ち)
・N-BOX +   62万円(3年落ち)/54.3万円(5年落ち)
・N-BOX カスタム
・N-BOX スラッシュ
・N-BOX +カスタム
・N-ONE   56.6万円(3年落ち)/39.9万円(5年落ち)
・N-WGN  62.5万円(3年落ち)/43.5万円(5年落ち)
・N-WGNカスタム
・ゼスト
・バモス
・ライフ 43.2万円(3年落ち)/24.8万円(5年落ち)
【三菱の軽自動車】
・eKアクティブ
・eKカスタム 55.1万円(3年落ち)/ 29.1万円(5年落ち)
・eKスペース 51.7万円(3年落ち)
・eKスペース カスタム 62.5万円(3年落ち)
・eKスポーツ
・eKワゴン53.1万円(3年落ち)/ 32.3万円(5年落ち)/ 6.7万円(10年落ち)
・i
・i-MiEV
・タウンボックス
・トッポ
・トッポBJ
・パジェロミニ
【マツダの軽自動車】
・AZ-オフロード
・AZ-ワゴン
・キャロル
・スクラム
・スクラム トラック
・スクラム バン
・スクラム ワゴン
・スピアーノ
・フレア
・フレア カスタムスタイル
・フレア クロスオーバー
・フレアワゴン
・フレアワゴン カスタムスタイル
【スバルの軽自動車】
・R2
・サンバートラック
・サンバーバン
・シフォン
・ステラ
・ディアス ワゴン
・プレオ
・ルクラ
【ダイハツの軽自動車】
・アトレー
・アトレーワゴン
・ウェイク
・エッセ
・オプティ
・キャスト アクティバ
・キャスト スタイル
・キャスト スポーツ
・ソニカ
・タント 65.2万円(3年落ち)/ 37.3万円(5年落ち)/ 10.2万円(10年落ち)
・タント エグゼ
・テリオスキッド
・ネイキッド
・ハイゼット カーゴ
・ハイゼット キャディー
・ハイゼット トラック
・ミゼットⅡ
・ミラ   39.7万円(3年落ち)/ 21万円(5年落ち)
・ミラ イース 37万円(3年落ち)/ 14.3万円(5年落ち)
・ミラ カスタム
・ミラ ジーノ
・ミラ トコット
・ミラ ココア
・ムーヴ     54.2万円(3年落ち)/ 28.9万円(5年落ち)
・ムーヴ キャンバス 84.5万円(3年落ち)
・ムーヴ コンテ
・ムーヴ ラテ
・コペン  125.2万円(3年落ち)/ 96.1万円(5年落ち)/ 51.2万円(10年落ち)
・ウェイク 73.9万円(3年落ち)/ 53.2万円(5年落ち)
【スズキの軽自動車】
・Kei
・MRワゴン
・アルト
・アルト エコ
・アルト ワークス
・エブリイ
・エブリイワゴン
・カプチアーノ
・キャリイ
・ジムニー
・スペーシア
・スペーシアカスタム
・セルボ
・ハスラー
・パレット
・ラパン
・ラパン ショコラ
・ワゴンR
・ワゴンR スティングレー

軽自動車をより高く売却する方法

軽自動車をより高く売却する方法

1)車の売却する時期によってな査定額が変動する

車は時期によって見積もり額が変わるのはご存知ですか?

中古車市場では、引っ越しや生活環境の変化が多い3月~4月の春先に国内の車の購入率が上がる(車の乗り換えが多く発生)ため、その前である2月から3月の時期が比較的、高い見積もり額で売却されやすくなります。

2)定期的な点検を行い、整備記録を保管しておく

定期的な整備・点検をし、「メンテナンスノート」に記録しておくと査定してもらう際に有利になります。「メンテナンスノート」は必ず保管して提出することが大事です。

3)外装清掃は

経年変化による傷以外の傷を放っておかないということです。
経年変化ではなく故意でつけてしまった傷はすぐに修理しておくことをオススメします。
傷は時間の経過と共に錆びていくので、早めに対処することが大事です。

4)内装清掃

ペットを買っていて、一緒にドライブしている方は、ペットの匂いやペットの毛に注意してください。
一度、掃除機などで綺麗にしておくことが望ましいです。そして、タバコの匂いもあまりよくはありません。十分な換気をしておきましょう。

5)改造している場合はノーマルに戻す

当たり前になりますが、売却された車を新たに買う人はノーマルな使用の車を欲しがっています。
自分の好みにカスタマイズした愛車ですが、元のノーマルに戻すことで需要が高まり、見積もり額がアップします。

⇒かんたん買取査定スタート

軽自動車を売却する際におすすめな無料査定の買取業社7社

軽自動車をより高く売却する方法

ここで、私がおすすめする軽自動車の無料査定業者7社を表にしましたのでご覧ください。

事故車買取のタウ(TAU)買取carview
(カービュー)
かんたん査定ガイドズバット車買取カーセンサーカーネクスト廃車本舗
対応場所日本全国23拠点に約130名の営業マン査定提携200社以上全国対応 提携会社数 45社全国274社!最大10社へ査定依頼全国対応全国対応全国対応
必須入力項目10 6
一言過去23年で累計77万台の取扱実績!ぜひ安心できる買取業者を選んでください!利用実績450万人達成!業界トップクラスの実績は安心の証!1度に最大8社に一括査定依頼ができるので高額査定が期待できる!提携会社49社から、最大10社へ査定依頼できます。お客様満足度、高価買取、信頼と安心の比較サイト 3部門でNo.1を獲得(日本マーケティングリサーチ機構調べ2020年1月調査)業界トップクラスの提携買取業者1000社以上、同時に査定依頼できる業者数は業界最多の30社。10万km超の多走行車、10年以上前の車!どんな車も0円以上買取保証!海外への販売ネットワークがあり、「満足いただける査定金額」を呈示することが可能!
プライバシーマーク取得×××(ISO取得)×××
サイトhttps://www.tau-reuse.com/ https://kaitori.

carview.co.jp/

https://a-satei.com/pc/#/https://www.zba.jp/car-kaitori/https://www.carsen

sor.net/





プライバシーマーク制度

オススメ業者7社のうち、注目すべきが“プライバシーマーク”です。

“プライバシーマーク”とは、事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを評価され、その証として“プライバシーマーク”が付与されています。

つまりは、車の査定をされる際に、安心できる業者を選べるということです。
プライバシーマークについて⇒https://www.jipdec.or.jp/

カーネクスト廃車本舗





【カーネクスト】・・・母体がIT企業という特殊な形態で、車買取サービス開始からわずか6年で買取実績が車買取事業で業界大手に肩を並べたことが新聞で取り上げられてました!

【廃車本舗】・・・自社にリサイクル工場を持っているので高価買取が可能!ネット査定時の買取金額が減額されることがないのも安心。

軽自動車に関してのおすすめページ

【軽自動車の廃車買取】自動車業界専門ジャーナリストが教える【廃車にするような車をより高く売る方法】

関連記事

どうも。普段はジャーナリストとして生計を立てている小川と申します。ジャーナリスト歴は20年になります。色々な物事の実情を調べては、みなさんのお役に立てればと、色々と発信しています。 いつのまにか自動[…]