オススメの注目キーワード
  1. 不動車
  2. 就職
  3. ペット
  4. 英語
  5. ダイエット

【動かない車(不動車)をなんとか売りたい人へ伝えたい】廃車?買取?車買取業者の裏事情

どうも。ジャーナリストとして生計を立てている橋本と申します。

ジャーナリスト歴はおよそ20年になります。色々なことの実情を調べては、みなさんのお役に立てればと、発信しています。

いつのまにか自動車業界が一番専門分野になっていました。よろしくお願いします。

動かない車(不動車)をなんとか売りたい

動かない車を売りたいけど、処遇の方法と迷っている方も多いと思います。

「廃車なのか?それとも引き取りなのか?いえ、買取です!」

そう。出来れば売りたいですよね。

中古車買取業者に相談したとき、

女性担当者
買取価格は付けられませんが廃車費用はこちらで負担するので無料で引き取りますよ」

と笑顔で言われた経験はないでしょうか。

実はそれは大きな罠です。完全に中古車買取業者の思うつぼです。

そして残念ながら、このように思ってはいながらも「車のプロが言っているんだしこんなものなのかな」と納得して愛車を手放している人が多いのが実情です。
今回はそんな問題にメスを入れたいと思い、筆を執りました。

是非お得な廃車を実現しましょう!

⇒どんな車も高価買取!廃車買取のカーネクスト

みなさんは一体、動かない車をどうしているのか?

動かない車(不動車)をなんとか売りたい
8割ほどの人が、中古車販売業者やディーラーで廃車をしています。

たくさんの人が「査定金額」や「廃車の費用」が気になって出来るだけ愛車を高く売りたいのに、その実、「損をしている」状況となっているのです。

皆さんもそうだと思いますが、やはり廃車は、なるべく費用をかけずに、少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

そのためには、正しい廃車の仕組みと、「買取り」と「下取り」の違いを知っておくことが大切だと言えます。

動かない車を売りたい・・・「買取り」と「下取り」どちらがオススメなのか?

廃車を処分する方法は大きく2つあります。廃車専門の業者の「買取査定」と、ディーラーの「下取査定」です。

ネットオークションなどで個人売買をする方法もありますが、手間もかかりトラブルが発生する場合もあるので、止めた方がいいでしょう。

ここからは、多くの人が選んでいるディーラーの「下取り査定」よりも、廃車専門業者による「買取査定」のほうが、動かない車を売るにはオススメの理由を説明していきます。

カーネクスト廃車本舗





【カーネクスト】・・・不動車、事故車、どんな車でも買取対応可能。車種や状態によって査定額は大きく変わるので一度は査定してもらうにはおすすめだと思います。

【廃車本舗】・・・大事故などで廃車を依頼をしたい人はもちろん、「エンジンがかからない車」「故障しているけど修理に出していない車」「車検切れになってしまった車」などの、不動車でも、手続き・レッカー費用0円で引き取り買取査定してもらえるのも魅力です。

ディーラーや車屋の下取りが損な理由

動かない車(不動車)をなんとか売りたい

ディーラーや自動車販売店に廃車を依頼すると、処分する費用を請求されるでしょう。それはなぜでしょうか?

まず前提として、ディーラーは中古車として売るために車を買い取るので、「中古車として価値があるかどうか」を最も重要視します。

そのために、できるだけ状態が良い車が好まれ、状態が良いほど評価も高くなります。

キズが多い車、古い車、走行距離が多い車、事故車、故障車など、廃車するような車は、買い取ってもらえないのです。

動かない車・・・本当は売りたい、けれど。。下取りは、中間マージンを取られて損をする

ディーラーが下取した車は、廃車業者に引き渡されます。その時にディーラーが廃車業者にいくらを支払います。そのため無料で処分を引き受けると、ディーラーは赤字になってしまいます。それなので当然、ディーラーは自分たちに儲けが出るように、車の処分費用をとるのです。つまり、中間マージンをとられているということです。

しかしそれでは、廃車をする人がとても損しているように思えませんか?さらに、自動車税・重量税などの税金や、自賠責保険料などの還付金は、本来であれば自分のもとに戻ってくるお金です。

しかし、ディーラーや車屋さんにお願いしてしまうと、戻ってこない場合が多いです。これが悲しい実情なのです。「下取り価格7万円!」と宣伝していても、引取の代金で相殺されて0円になることも多々あるのです。

ガソリンスタンドの無料引き取りにも注意が必要です!

動かない車(不動車)をなんとか売りたい
ディーラーの他にも、ガソリンスタンドでも廃車引き取りや買取を行っているところがあるかと思います。

そのようなところでは「無料で廃車します!」などと書いてあったりするでしょう。

行きつけのガソリンスタンドで、このような廃車の宣伝を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、ガソリンスタンドの場合も、ディーラーと同じカラクリが動いています。

つまり、無料で廃車を引き受けた後、パーツを売る、税金還付を手にするなどして、ガソリンスタンドが儲かるようになっているのです。廃車についてあまり知らないと、「廃車無料」という言葉がとても魅力的に見えるでしょう。でもそれは、廃車のカラクリを知らないために、損をしていてもったいないことをしています。

動かない車(たとえば故障や事故車、走行距離が多い車)でも、分解してパーツにすれば鉄スクラップとして十分な価値がつきます。

ですので、ガソリンスタンドに廃車を依頼する前に、必ず廃車買取の査定をしてみましょう実は高い価値があるのに、「古い車だから、、、」「事故でキズだらけだから、、、」と言って、無料で廃車してしまうのは、本当に損をしています。

カーネクスト廃車本舗





【カーネクスト】・・・母体がIT企業という特殊な形態で、車買取サービス開始からわずか6年で買取実績が車買取事業で業界大手に肩を並べたことが新聞で取り上げられてました!

【廃車本舗】・・・自社にリサイクル工場を持っているので高価買取が可能!ネット査定時の買取金額が減額されることがないのも安心。

動かない車の買取り査定時のメリット

下取り査定と違い「廃車買取」は、中古車としてではなく、車の部材やパーツに価値をつけて車を買取るシステムです。動かない車でも、価値が十分あるということです。

それに加え、自動車税・重量税・自賠責保険などの税金関係のお金も、自分の手元に戻ってくるのです。

自分で廃車するには、書類を何種類も揃えたり、陸運局に行って申請したりしないといけません。正直、かなりややこしく、手間もかかります。陸運局が平日の日中だけしかやっていないので、とくにサラリーマンの方などは時間も取れず、難しいでしょう。自分でやるのは難しいという方は、廃車買取り業者に依頼することをオススメします。

買取り業者では、廃車のめんどうな手続きや、車の引き取りを請け負ってくれます。そして、動かない車でも、事故を起こしたボロボロの車でも、走行距離が10万キロ以上の車でも、どんな車でも無料で査定して買取をしてくれます。

古い車や動かない車をディーラーに持っていて損をするより、部品にまでも価値を見出してくれる廃車も請け負ってくれる買取業者などに依頼してみてはいかがでしょうか。

⇒廃車の費用が一切無料

最後に・・・【動かない車(不動車)をなんとか売りたい人へ伝えたい】

動かない車(不動車)をなんとか売りたい
動かない車でもそのまま放置していては、自動車税がかかります。ですので、買取してもらいたいけれど少し迷っているという方は、早めの対応をおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。損をしないためにも、車を手放すときにはぜひこのページの内容を思い出してみてください。

これからも色んな情報を発信して消費者にとって、より良い環境を提示できればと思っています。

動かない車(不動車)をなんとか売りたい

【追記】
①事故車売却後…査定額で新車の購入頭金にしようとしている場合

もし査定額が高くついて新車購入を検討しているなら、電気自動車がおススメです。いま政府が国をあげて電気自動車の普及のため様々な取り組みを実施しています。
厚生労働省HP

②事故車売却失敗…「廃車手続きするしかない」そんな時

ちなみに、万が一査定価格が思ったよりも付かなくてやむを得ず自分で廃車手続きをするなら、こちらを参考にしてください。手順やらもろもろが書いてあります。
国土交通省HP

やむを得ず自分で廃車手続きをするなら、こちらを参考にしてください。手順やらもろもろが書いてあります。