オススメの注目キーワード
  1. 不動車
  2. 就職
  3. ペット
  4. 英語
  5. ダイエット

【中古車買取業車の実態】廃車?買取?“動かない車”を査定してもらいたい方向け

どうも。ジャーナリストとして生計を立てている橋本と申します。

ジャーナリスト歴はおよそ20年になります。

色々なことの実情を実際に潜入・体験して調べては、みなさんのお役に立てればと、この記事を執筆しました。

いつのまにか自動車業界が一番専門分野になっていました。よろしくお願いします。

“動かない車”を査定してもらいたい

故障したりともう“動かない車”の処分方法について迷っている人も多いかと思われます。

“動かない車”を売りたいと中古車買取業者に相談したとき、このように言われた経験はないでしょうか。

女性担当者
「廃車費用を払っていただき、こちらで廃車手続きしておきますよ」

と笑顔で言われた経験はないでしょうか。

実はこれ、大きな罠なんです。完全に悪質な中古車買取業者の思うつぼなんです

そして残念ながら、このように思ってはいながらも「車のプロが言っているんだしこんなものなのかな」と納得して愛車を手放している人が多いのが実情です。

今回はそんな問題にメスを入れたいと思い、筆を執りました。“動かない車”でもお得に売る方法をお伝えします。

下取り0円の車も高価買取いたします!

“動かない車”でも査定は可能?実際にちゃんと売れるのか?

“動かない車”を査定してもらいたい

結論から申し上げますと、“動かない車”は売れる事が多いです。
なので、“動かない車”だからといって、諦めてはいけません。

動かなくなった不動車でも、普通に使ってきた愛車でも、売買する際の基本は変わりません。その車に流通価値があれば車の売却が可能であり、なければ廃棄のコストが生じるだけです。

“動かない車”といっても状態はいろいろ。新車として購入してから1年程度の高価格車であると、流通価値が残っていることが多いです。フレーム修正などの修理を行い、「事故歴あり」となっても中古車として販売できます。

車検が切れている低年式の“動かない車”も同じです。車好きの間で人気の高いスポーツカーなどは、修理をして車検を新たに取得することにより、流通価値が生まれる可能性が十分あります。

日本の中古車は海外にも輸出されています。日本国内では売れない古い不人気車でも、海外に受け入れる市場があるのであれば、流通価値があります。輸出するのであれば日本で車検を取得する必要はなく、“動かない車”の状態でも売買の対象になることがあります。

また、中古車として再販が難しい場合でも、分解した車のパーツや部品をオークションなどで販売する、解体業者に鉄くずとして売るなど、車買取業車には様々な販売方法があります。

このように、一般ユーザーが価値を見い出さないような“動かない車”でも、価値があることが十分にあるのです。
⇒かんたん買取査定スタート

“動かない車”が査定で値が付かなかった場合でも、奥の手が!

“動かない車”を手放す際に注意していただきたいことがあります。

それは、廃車にするなら抹消登録輸出するなら輸出抹消登録の手続きが行われているかを確認することです。

手続きをせずに放っておくと、車両が使われているとみなされ、自動車税などの納税通知などが送られてきてしまいます。なので、抹消登録は確実に行いたいところです。業者に委託した時は、確認を取ることを忘れないようにしてください。

また、廃車にした時は、自動車税に加えて重量税や自賠責保険料も還付の対象になることがポイントです。税金や保険の残っている期間に応じて、払い戻しが受けられます。

そしてもし愛車が輸出される場合には、国内で解体作業をしないことになるので、預託されているリサイクル料金の返還も可能です。“動かない車”を修理して使う時は、一般の車を売る手続きと同じです。しかし、廃車にする場合には抹消登録の確認と還付金に注意しましょう。

いずれにしろ、諦めずに査定を受けてみることが大切です。なぜかと申しますと、万が一廃車の手数料を取られても、還付金で埋め合わせができる場合がよくあるのです。

“動かない車”はどこで査定してもらうのがおすすめか?

“動かない車”を査定してもらいたい

“動かない車”であれば、ディーラーではなく専門の中古車買取業者に相談しましょう。

中古車買取業者は、車としての価値だけでなく、再利用できるパーツや鉄・アルミなど素材としての価値も査定してくれるので、“動かない車”でも高値で買い取ってくれるのです。

ディーラーで売る場合、レッカー代や解体代として費用がかかってしまうこともあります。中古車買取業者に相談する方が断然お得といえます。

カーネクスト廃車本舗




母体がIT企業という特殊な形態で、車買取サービス開始からわずか6年で買取実績が車買取事業で業界大手に肩を並べたことが新聞で取り上げられてました!



自社にリサイクル工場を持っているので高価買取が可能!ネット査定時の買取金額が減額されることがないのも安心。

最後に

“動かない車”を査定してもらいたい

最後になりますが、廃車同然の車でもそのまま放置していては、自動車税がかかります。ですので、廃車にしようか迷っている方は、早めの対応をおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。

これからも色んな情報を発信して消費者により良い環境を提示できればと思っております。

【追記】

■“動かない車”売却後…査定額で新車の購入頭金にしようとしている場合

もし査定額が高くついて新車購入を検討しているなら、電気自動車がおススメです。いま政府が国をあげて電気自動車の普及のため様々な取り組みを実施しています。
⇒厚生労働省HP

■“動かない車”査定売却失敗…「廃車手続きするしかない」そんな時

ちなみに、万が一査定価格が思ったよりも付かなくてやむを得ず自分で廃車手続きをするなら、こちらを参考にしてください。手順やら諸々が書いてあります。
⇒国土交通省HP

カーネクスト廃車本舗







【カーネクスト】・・・不動車、事故車、どんな車でも買取対応可能。車種や状態によって査定額は大きく変わるので一度は査定してもらうにはおすすめだと思います。

【廃車本舗】・・・大事故などで廃車を依頼をしたい人はもちろん、「エンジンがかからない車」「故障しているけど修理に出していない車」「車検切れになってしまった車」などの、不動車でも、手続き・レッカー費用0円で引き取り買取査定してもらえるのも魅力です。