オススメの注目キーワード
  1. 不動車
  2. 就職
  3. ペット
  4. 英語
  5. ダイエット

【札幌の廃車買取】廃車?買取?廃車買取を考えている人へ伝えたい、札幌の中古車買取業車の実態

札幌の廃車買取

どうも、ジャーナリストとして生計を立てている橋本と申します。

ジャーナリスト歴はおよそ20年になります。色々なことの実情を実際に潜入・体験して調べては、みなさんのお役に立てればと、発信しています。

北海道の札幌に住んでいる時に自動車業界にハマり、いつのまにか自動車業界が一番専門分野になっていました。

よろしくお願いします。

札幌で廃車買取ができるのは、3つの理由がある!

札幌の廃車買取

「なぜ廃車にするような車なのに売れるのか?」疑問に思う方も多いでしょう。

それは、日本では10年以上が経過した古い車や、走行距離が10万km以上の過走行車は「査定ゼロ」と言われ、廃車として扱われてきました。札幌でも、ディーラーに新車を買いに行った時の下取り査定や、中古車を買取業者に売りに行った買取り査定でも「廃車買取はできません」と言われた方も多いのでしょう。

実際に、ディーラーの下取り査定や買取業者の買取り査定では、廃車買取が出来ません。

それは、これらの会社は、お客様から買い取った中古車を、日本国内で販売している業者だからです。

それでは、札幌の廃車買取ができる業者は、どこにどうやって販売しているのでしょうか?

廃車買取をしている業者の販売方法や、廃車でも売れる理由について解説していきましょう。

札幌で廃車買取ができる理由その1「海外輸出」

札幌の廃車買取

札幌で不要となった廃車がなぜ売れるのでしょうか?

日本の廃車の需要があるのは、海外です。海外といっても、世界には193もの国がありますが、その中でも日本の廃車は、後進国向けに多く輸出されています。

後進国の中には鉄道が走っていない国もあります。そのため、移動には車が必需品なのです。また、キャラバンやハイエースのような大きなワゴン車は、大人数が乗れるタクシー代わりにもなります。なので、「金を生む車」として高く売買されています。

商売に使えるような大きな車は、海外で高く売れるということですね。

日本の廃車が海外へ輸出される理由のもうひとつは、後進国の経済状況です。日本では平均年収が400万~500万ほどなのに対し、後進国の平均年収は20万~30万円ほどです。

このような経済状況から、日本で高値取引されている高額車両を購入することは、後進国の人達にとって難しいことがおわかりになるでしょう。そのため、日本から購入が出来る安い車ということで、日本の廃車に需要が集まっています。

⇒事故車、故障車も全て高価買取!カーネクスト

札幌で廃車買取ができる理由その2「鉄・スクラップで販売」

札幌の廃車買取

札幌で、どのような車でも廃車買取ができる理由は、鉄・スクラップでの販売ができるからです。

自動車は鉄の塊で出来ています。そのため、プレス(四角い鉄の塊)する事によって、自動車解体業者は利益を得ることが出来ます。自動車の重量は、普通車であれば軽めのものでも1t程度、重い車の場合は2t程度の重さになります。

この鉄・スクラップの状態での販売は、自動車の走行距離や年式の状態は全く関係ありません。また、事故車などでキズがある自動車でも鉄の重さは変わりませんので、どんな状態が悪い車でも、買取りが出来るというわけです

札幌で廃車買取ができる理由その3「中古車として販売」

廃車になるような車の中にも、再利用ができる自動車があります。たとえば、15年前の軽自動車の場合、走行距離が10万km未満で、外装や内装の状態が良ければ、一部の修理などを行って中古車として販売することができます。一般的には、廃車専門の買取り業者は、修理や整備工場を併設していません。

ですので、中古車としての販売といっても一般ユーザー向けに販売するのではありません。中古車販売店などが代車で使う場合や、低価格車を専門的に販売している業者へ転売したりします。

以上のような理由で、札幌で廃車買取は十分に可能なのです。
廃車になるような車だからといって、諦めてはいけません。廃車になるような車でも、いろいろな価値を秘めています。

是非一度、廃車買取業車に査定をしてもらってはいかがでしょうか。

カーネクスト廃車本舗





【カーネクスト】・・・母体がIT企業という特殊な形態で、車買取サービス開始からわずか6年で買取実績が車買取事業で業界大手に肩を並べたことが新聞で取り上げられてました!

【廃車本舗】・・・自社にリサイクル工場を持っているので高価買取が可能!ネット査定時の買取金額が減額されることがないのも安心。

※【追記】
■車売却後…査定額で新車の購入頭金にしようとしている場合もし査定額が高くついて新車購入を検討しているなら、電気自動車がおススメです。いま政府が国をあげて電気自動車の普及のため様々な取り組みを実施しています。

■車買取失敗…「自分で廃車手続きするしかない」そんな時はちなみに、万が一査定価格が思ったよりも付かなくてやむを得ず神奈川県で自分で廃車手続きをするなら、こちらを参考にしてください。手順やら諸々の手続き方法が書いてあります。

国土交通省HP

■陸運局での手続きに掛かる手数料陸運局に支払う印紙代が350円、申請用紙代が100円程度かかります。また必要書類の作成はその場で行政書士に依頼するのがほとんどです。ここでは行政書士代で2000円程度みておけばよいでしょう。全てあわせますと3000円から5000円くらいを請求されることが多いようです。北海道全域でお考えの方は、宜しければこちらをご参考ください。
札幌市内で行うと決めている方の場合はこちら⇒札幌運輸支局HP

廃車?買取?廃車買取を考えている人へ伝えたい、札幌の中古車買取業車の実態

最後になりますが、廃車同然の車でもそのまま放置していては、自動車税がかかります。ですので、廃車買取にしようか処分しようか迷っている方は、いずれの選択肢にせよ早めの対応をおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。何かの参考になれば幸いです。これからも色んな情報を発信して消費者により良い環境を提示できればと思っております。

カーネクスト廃車本舗





【カーネクスト】・・・不動車、事故車、どんな車でも買取対応可能。車種や状態によって査定額は大きく変わるので一度は査定してもらうにはおすすめだと思います。

【廃車本舗】・・・大事故などで廃車を依頼をしたい人はもちろん、「エンジンがかからない車」「故障しているけど修理に出していない車」「車検切れになってしまった車」などの、不動車でも、手続き・レッカー費用0円で引き取り買取査定してもらえるのも魅力です。

⇒かんたん買取査定スタート